無料ブログはココログ

« おてんばさん | トップページ | うわさが本当に? »

2015年4月10日 (金)

最高裁判決(親の責任)

最高気温13度

昨日、最高裁で、親の責任は、どこまで裁判があった

ネットの記事から

子供が蹴ったボールで事故、

 親の賠償責任認めず 

判決

小学校の校庭から蹴り出されたサッカーボールが原因で交通事故が起きた。

ボールを蹴った小学生(当時)の両親に賠償責任はあるのか――。

そうした点が争われた裁判の判決が9日、最高裁であり

第一小法廷(山浦善樹裁判長)は「日常的な行為のなかで起きた、

予想できない事故については賠償責任はない」との初の判断を示した。

事故

事故は2004年に愛媛県今治市の小学校脇の道路で起きた。

バイクに乗った80代の男性がボールをよけようとして転倒し、足を骨折。

認知症の症状が出て、約1年半後に肺炎で死亡した。

遺族が07年、約5千万円の損害賠償を求めて提訴。

二審は、ボールを蹴った当時小学生だった男性の過失を認め、

「子どもを指導する義務があった」として両親に計約1100万円の賠償を命じた。

両親が上告していた。

加害者、被害者になることがあります。

考えさせられる判決です(ー_ー)!!

410

410_2

ポチッとよろしく!

« おてんばさん | トップページ | うわさが本当に? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最高裁判決(親の責任):

« おてんばさん | トップページ | うわさが本当に? »