無料ブログはココログ

« G7倉敷教育大臣会合閉幕 | トップページ | 横綱白鳳がまたやらかした!かちあげ »

2016年5月17日 (火)

怪我をし無い転び方

最高気温26度
昨日夜ので、さわやかな朝を迎えました
段差がない我が家でも、
つまずいて、よく転ぶ
そんな時は、怪我をしない転び方を
から
Photo 
Photo_2 
3 
4 
解説
体を回転させて順番に地面についていくことで、
衝撃を分散することができます。
☆アゴを引いておへその辺りを見る。
☆後頭部をつかないようにすることがポイント。
布団の上で練習・れんしゅう・レンシュウ
手をついたり、前に転ぶのは×だよ

ポチッとよろしく!

« G7倉敷教育大臣会合閉幕 | トップページ | 横綱白鳳がまたやらかした!かちあげ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

身体を丸める様にして転ぶ、ってことだね(・∀・)イイ!
あ、そそ...
飛行機が墜落した時、できるだけ生存確率を上げる方法!(・∀・)
膝を抱えて膝の間に頭を入れ、できるだけ身体を丸める。
その状態で毛布にくるまる。 だそうな...
そんなことないほうがいいけど...


って歩いている(前に力が作用している)時に
後ろ側に丸まって・・・・なんて~~~
できる自信ない~~~~!!!

つい手をつく、ヒザをつく・・・(u_u。)

れ、練習なのか・・・・

きらさんありがとう
母達は毎週デーサービスに通い、
体操など転ばない練習していますよ(*^_^*)
高齢者になっても忙しい日々が待っています。
楽しみにしていてください

ぶう汰さんありがとう
元バレーボール選手
回転レシーブのように
出来ると思います

転ぶことを前提に、カラダに覚えさせよう

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怪我をし無い転び方:

« G7倉敷教育大臣会合閉幕 | トップページ | 横綱白鳳がまたやらかした!かちあげ »