無料ブログはココログ

« 鏡野産落花生 | トップページ | 田んぼの草刈り3回目 »

2016年10月17日 (月)

今が旬の黒枝豆を食べよう

cloudcloud最高気温26度cloudsun
今が旬の黒枝豆を、植木屋さんにもらったscissors
Photo 
さやは、両端を切り食べやすく切る。
は入れないで、
日本酒多めに入れて、
restaurantゆでるrestaurant
Photo_2 
 
さやの中の豆は白いgood
黒枝豆(大豆)の栄養素
〇イソブラホン・
〇レシチン・
〇大豆たんぱく質・
〇ビタミンB1、B2・
〇食物繊維・
〇サポニン
 

 

pcから
黒枝豆のおいしいゆで方

下準備・・枝からさやをとる。塩を少々(20g程度)準備する。

■.サヤの両端を切る。

黒枝豆 さやの両はしを切った様子

oneサヤの両端を5mm程度ハサミで切り取り落とします。

 


  ( ※サヤを切り落としすぎるとビタミンCが、

   損失が大きくなるので注意が必要。)

■step2.手でこするように揉む

黒枝豆 塩をもむ様子  黒枝豆の塩もみ

軽く水洗いした後に、

〇すり鉢に入れて塩を多めに振りかけ、

〇手でこするように揉んで表面のうぶ毛を取る。

こうすることで、ゆであがりの色が良くなる。

※写真では素手で塩もみしていますが、

素手だと産毛かチクチクしてけっこう痛いです。


〇 塩もみは、薄手のビニール手袋をはいてする。

〇  手を使わずにすり鉢でこする

 


  すり鉢を使う場合は、

袋が破れて中身が出てしまわないよう注意。

■.黒枝豆をゆでる

★約3倍のたっぷりの熱湯でふたをせずに5~8分程ゆでます。

 
△お湯+塩をひとつまみ。


  △塩分が気になる方は、酒大さじ1~2杯で味付け。

■ザルに上げて冷やす

黒枝豆を湯がく写真

〇ザルにあげて、

〇うちわなどで手早く冷ます。

〇氷水で冷やす。

水に長くつけるとふやける。
                

氷水を使う場合、

作業は本当に一瞬の勝負。

キンキンに冷やした氷水にざるごと浸して、

すぐに上げる。

■仕上げと保存方法

黒枝豆 茹であがっ状態の写真黒枝豆の出来あがり

ゆであがり、

★塩の加減はお好みで調整。


★通常のゆで時間よりもやや短め。

★ 固い食感がお好みの方は、4~5分。

★柔らかめがお好みの方は8分。

★ 10分を超えると味も食感も極端に落ち×
                

また枝豆は、

収穫してからはどんどん味が落ちていきます。

1回で食べきれない場合は、

冷凍保存。

 


  冷凍保存する場合は、

〇さやの両端は切らず

〇ゆで時間も短く3~5分。

〇氷水でよく冷やす。

〇ジッパー付き保存袋に入れて冷凍庫へ。


  食べる際は、

〇冷凍庫から出しす。

〇水で自然解凍すればオッケー。

今夜さっそく食べましょう(^_-)

ポチッとよろしく!

« 鏡野産落花生 | トップページ | 田んぼの草刈り3回目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1777871/67990081

この記事へのトラックバック一覧です: 今が旬の黒枝豆を食べよう:

« 鏡野産落花生 | トップページ | 田んぼの草刈り3回目 »