無料ブログはココログ

« 池田動物園65年 | トップページ | 投げ入れ熊のプーさん »

2018年2月16日 (金)

旧正月(福力荒神様)

最高気温10度
今日は、旧正月1日目(福力荒神様)
2000人町内会に、
全国から3日間で10~12万人が訪れる
マムシ除け(クチャメは津山弁)
御浄砂(300円)を求めてお参りする

創建は1403年。

ご祭神は須佐之男命(スサノオノミコト)という神様です。

 

須佐之男命は天照大神(アマテラスオオミカミ)の弟で,

暴れん坊の荒神。

天照大神が世の中が荒れてしまったことに困り果てて岩屋に隠れ、

世界が真っ暗になったという日本神話がありますが、

その原因をつくったのが須佐之男命です。

 

また、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治して、

尻尾から草薙剣(くさなぎのつるぎ。三種の神器の一つ)を、

取り出したのも彼です。

 

福力荒神社は、

そんな須佐之男命をお祭りしている神社。

元々ヘビに強い訳ですが、

ある時、

美作(みまさか)国の国主・森忠政公の家臣で、

山口彦左衛門という人が、

マムシに噛まれ生死の境をさまよう事件がありました。

そこで、

この神社にて「どうか命をお助けください」と祈願をしたところ、

彦左衛門はめでたく快復。

 

以来

この神社は、

マムシ除けに霊験あらたかといわれるようになりました。

御浄砂(300円)

Photo_4

Photo_3

家の周りにまいておくと 

家族全員が1年間マムシの災害から逃れられる。

 

 

ポチッとよろしく!

« 池田動物園65年 | トップページ | 投げ入れ熊のプーさん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちかよさん、こんにちは

福力荒神祭りは津山のお祭りなんですね!
庚申祭りは田舎で聞いた事がありましたが、これは初めて知りました。
マムシも沢山生息しているのかな?

岳さんありがとう
マムシさんは、たくさん生息していますよ
一升瓶に焼酎漬されたマムシさん
ありました。
には血清あります。
毎年、何人かはかまれていました。
もしかして、ヘビお好きですか

あああ…この御浄砂ほしいですね。
マムシ以外に効果は?
庭や家の周辺では、結構ヘビに遇います。そのたびに
ドキドキです。マムシではありませんが、蛇避けを撒いても効かなくて(;´д`)トホホ…

そうでした…今は旧暦等はほとんど使いませんが、きょうが旧暦の元旦だと
どなたかのブログでも拝見しました。今年が寒いのは、旧暦では1月ゆえに寒いのだとありましたね。

福力荒神祭子供の頃家族で行きました。
最近は行っていませんが、
にぎやかなお祭りですよね。

でんでん大将さんありがとう
大嫌いな蛇さんにはさようならできますが、
通販していないので、ゴメンナサイ(゜゜)(。。)ペコッ
全国でも珍しい、
を降りたら、
露天が200店神社まで
一方通行
食べ物から農機具まで

桃太郎さんありがとう
今日は、お天気はいいので参拝は困難ですよ
どうしても参拝希望なら汽車をご利用ください

2000人が12万人になる旧正月

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧正月(福力荒神様):

« 池田動物園65年 | トップページ | 投げ入れ熊のプーさん »