無料ブログはココログ

« 山の日 | トップページ | 3年ぶりの花火大会 »

2018年8月12日 (日)

日航ジャンボ機事故から33年慰霊登山

最高気温34度
から
群馬県御巣鷹山に遺族が早朝から慰霊登山
お花・線香お供えして、
冥福を祈った合掌
昨夜は
520人が亡くなった1985年の日航ジャンボ機墜落事故から、
きょう12日で33年。
現場となった「御巣鷹の尾根」の麓を流れる群馬県上野村の神流川で、
11日夕、故人をしのぶ灯籠流しが行われた。
画像から
Photo
参加者らは、
防災ヘリ「はるな」の墜落で9人が死亡するなど、
航空事故が後を絶たない現状の改善を願い、
再発防止の活動を続けると誓った。        
ポチッとよろしく!

« 山の日 | トップページ | 3年ぶりの花火大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちかよさん、こんにちは

私は転勤で上田に居ましたので、御巣鷹山の事故は良く憶えていますが、
昨年は松本で県警防災ヘリが墜落、今年は群馬と事故が続いていますね。
亡くなった皆さんは働き盛り、子供も小さく全く持って悲惨です。

岳さんありがとう
先日の事故は4月に赴任、7月から働き出したばかり、
自慢のむすこが
安全第一でお願いしたいですね(゜゜)(。。)ペコッ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日航ジャンボ機事故から33年慰霊登山:

« 山の日 | トップページ | 3年ぶりの花火大会 »